ひよこ釣りで釣られ我が家の一員になった鶏さんなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しのピヨちゃん

ピヨちゃんが 亡くなって 6日が経とうとしてます
先週の今日はまだ 生きてたのにね なんて家族と話しをしてます

DSC_0512_20131220071144964.jpg

体調を崩し出したのは 8日の日曜あたり?
食いしん坊の ピヨちゃんが ご飯をクレクレしなくなりました
土曜日に 家を空けてた事もあり 寒くて風邪でも引いたかな?
くらいにしか 考えていませんでした
様子を見ていたんですが 卵を産むために座ってみるが
出ないようだし お尻が膨らんでるので 11日に病院へ連れて行きました
前にも 書いたように 薬を貰って帰ってきましたが
一向に良くならないので 金曜日に再び病院へ
薬で 様子を見るしかないと言われ帰宅し 薬を飲ませたんですが
そこから 様子がおかしくなったんです・・・


苦しそうに ヨタヨタとしりもちをつきながら 動き回り
脳梗塞のような症状(半身麻痺)の症状がでました
トサカの色も 赤から紫色のような色になり
しばらくすると 少しましになりましたが 苦しそう
これは 絶対おかしい! と思い みなさんのコメントを参考にさせてもらい
次の日 朝一番に 違う病院へ連れて行くことにしました




病院へは 9時過ぎに着きました
問診表を記入し 貰ってた薬や 以前血液検査をした時の検査結果を渡しました
受付の人が 「医師の希望とかありますか?」 ってと言われ
藁にもすがる思いで 「鶏に詳しい人でお願いします」 と伝えました
窓口には 「本日は院長診察はありません」 と立て札があったけど
「10時までなら 院長がいるので 診て貰いますね」 と言ってくださいました


順番がきて 診察台にピヨちゃんを乗せると 
立たせた状態で エコー診察を始めました
お腹を 横にして診て見たいけど 横にしたら死ぬかもしれません
どうしますか?
 
言葉が出ませんでした
原因がわからない事には どうにもならないので お願いしました
院長先生は すぐに助手の人に 「酸素吸わせて!」と告げ
ゆっくりピヨちゃんを横にしました
再び エコーで診ながら 脇のあたりにも水が溜まってるとの事
鶏は 人間と違い 肺呼吸ではなく 肺を通って下のほうに
呼吸する袋があるらしく 絵を描いて説明してくれました

昨日 薬を飲ませたら おかしくなった事を伝えると
口をあけて ハァハァしてる状態は 酸欠状態だから
呼吸するだけでも 苦しいのに 薬なんて飲ませたら あかん 
って言われました (´Д`)
少しでも早く 楽にしてやろうとしてた事が 裏目だったんですね・・・
すぐには 水を抜くにも 抜けない所に 水が溜まってるらしく 
注射を1本射ち 酸素を吸わせるためにも 預かって診たいと言われ お願いしました

 
何時も食べてる物を持ってきて欲しいと言われたので
近くの ホームセンターで 飼料とミルワームと冷凍コーンを買いに行き
帰る前に もう一度 ピヨちゃんに会わせてもらいました
酸素室に入れてもらい 少しトサカの色が良くなったように思います
ピヨちゃんと 名前を呼ぶと 立ち上がり 振り返ってくれました
これが 最後の別れになるとは 思っていませんでした。

 
15日のお昼頃 様子を聞くために病院へ電話を入れました
朝 130ccほど 水を抜いたと言われました
ちっちゃな 体に130ccも水が溜まってたら 苦しいはずですよね
水も抜いてもらったし 回復を願いながら 
酸素ハウスのレンタルがあると コメントを貰ったので
レンタルしようかと 家族と相談してた時でした
病院から たった今 ピヨちゃんが亡くなったと・・・


16日からの様子は 続きを読むの方へ進んでください

ニワトリ ブログランキングへ
16日 お迎えに行きました
ピヨちゃんは 箱の中で冷たくなっていました

DSC_0643_20131217233130409.jpg

やはり 苦しかったのか トサカの色が紫がかってました
おつかれさま 苦しかったね もうゆっくりしたらいいからね
家へ買える前に いつも行ってた 公園へ行き 
抱き上げて 外の景色を見せてあげました
自宅へ着くと いつも寝る時の場所に寝かせました

DSC_0655.jpg

ピヨちゃんが寝る時は この場所
電気を消し ピヨちゃん寝るよ! と言うと 台所にいようが 
他の場所で 転寝してても この場所にきて 朝まで寝てたんですよ (´σー`)エヘヘ


15日は ピヨちゃんが 亡くなったと聞いたとたん
涙があふれ 泣きじゃくってましたが
16日 お迎えに行き 亡くなってしまってるけど 傍にいるからか
寂しさや 涙はありませんでした

DSC_0671.jpg

うちに帰って来て 家族みんなで お別れ会をしました
冷たくなり 首が クタクタになっちゃってるけど
抱っこしてあげました 生きてる時は抱っこされるのが嫌で逃げ回ってたけどね(笑)

DSC_0672.jpg

少しは生え揃ってきてた 羽だけど 寒くないようにと
以前から 貯めてた羽を 入れてやりました
それと ピヨちゃんが 卵を産むときに座ってた毛布をかけてやり
枕元には いつも食べてた飼料とピーナッツと小松菜 卵の殻を入れました

DSC_0674.jpg

ピヨちゃんが 亡くなった事がわかるのか? ライバルのリコちゃんも
様子を見によってきました

DSC_0669.jpg

いつも お尻を突かれてた くーちゃんも お別れをしました
落ち着いた所で ピヨちゃんをどうするか って話しになりました
埋めてあげれるような 庭も無く
私は いつも行ってた公園へ埋めてやりたいと 言ったが
家族は 大反対! 
金魚やハムスターくらいなら いいかもしれないが
公共の場だし 野良猫もいっぱいいるので 掘られたらどうするんだってね
市役所に 遺体引き取りで 引き取ってもらうのも 嫌で
動物霊園で合同火葬してもらう事にし 予約を入れて
いつものように あたしの頭の上で 一緒に寝ました


17日 娘も 一緒に見送りたいと言ったけど 学校があるので 
長男以外は 朝が 最後のお別れになりました
午後3時に 動物霊園へ 
式が始まる前に 左足に数珠をつけてあげて欲しいと言われ
付けてあげました 用意が出来るまで 別室で少し待たされました 

DSC_0677.jpg


用意が出来たのでと 通された部屋には 
祭壇に 安置されたピヨちゃんが 程なくして お経が流れ出し
最後のお別れの時が きました

DSC_0684.jpg

献花を入れて 本当に最後のお別れです

DSC_0687_201312172331285c8.jpg

この後 動物霊園内にある 火葬炉とピヨちゃんが入る事になる 慰霊塔の説明がありました
合同火葬なので 閉園後 6時頃からの 火葬
午後6時から 30分間 ロウソクとお線香をたき
天国へ 飛んでいけるように お祈りしました


スカスカの羽だったけど 天国では 上手く飛べてると思います!


長々と 読んで頂ありがとうございました
鶏さんを 飼ってる方たちに 言いたいです
おかしいと思ったら 早めに獣医さんに診てもらってください
それと 飼料は市販の物ではなく 農協で売ってる物がいいらしいです
量が多すぎて 困るかもしれませんが(汗)


2年と7ヶ月 短いような気がしますが
ひよこ釣り出身者のピヨちゃんは 長生きできた方だと思います
今まで 応援ありがとうございました
ピヨちゃんもきっと喜んでると 思います。
また 思いついたら 更新するかもしれませんが 当てにしないでくださいね(´σー`)エヘヘ


ピヨちゃんは 今 大阪稲荷山動物霊園に眠ってます
明日は 初七日 子供達と霊園へ行ってきます 小松菜持ってね(*´∀`)b
コメント
No title
家族みんなに囲まれてのびのび育っていたピヨちゃんは、
ためこさん達に感謝してると思います。

ピヨちゃんの姿を見れなくなるのは寂しいけど、虹の橋
の向こうでは今頃元気に飛び回ってますよ、きっと!

リコちゃんはライバルがいなくなって寂しいでしょうね。
くーちゃんも。。。

うちのお嬢は、ダイエットで発情を止めて、産卵しなく
なるまで、下痢と脱肛でお尻周りがビショビショでした。

今はお尻も落ち着いて元気になったけど、肝臓が良く
なってるかは検査しないとわかりません。
来年早々病院へ行って検査してこようと思います。

ピヨちゃん、どうもありがとう。
ためこさん、ピヨちゃんの日々を見せていただいて
ありがとうございました。
2013/12/21(土) 23:49 | URL | フルちゃん #-[ 編集]
ためこさんへ
辛い中、詳しい情報をありがとうございます。
ためこさん、気を落とさないでくださいね。
みんなのピヨちゃん、御冥福を祈ります。

うちの雌鶏二羽も、卵を産み始めてから、心配が絶えません。我が家は留守が多いので

鶏に詳しい先生探しは大切ですね。hpでは鳥専門とうたっても、電話で問い合わせると、鶏は経験ないとか、家禽はおことわりとか・・・

鶏好きさんたちのブログで、千葉県北西部から通える動物病院を探したので(1時間超(-_-;))、下見がてら、車で行ってみようかな?
2013/12/22(日) 07:35 | URL | 矮鶏の母 #-[ 編集]
No title
はじめまして
にわとりのブログをいくつか見つけお邪魔しました

あ!うちの子と同じだ!と飛びついたら亡くなったとの
お話でびっくり

毛の抜け方も、おしりの毛も、くつろぎ方も同じです

なので、見ながら号泣してしまいました。

うちの子は片方の足を小さいときに使えなくした状態で
うちで引き取りました。

だから、片足で跳びながら歩きます

同じように茶色でも種類によって顔が違うのですが
くちばしの長さや、とさかの折れ具合
本当にそっくりでおそらく、年も・・・・

なくした足が原因で敗血症になっていたようで
熱が出て動物病院にいきました。
肺がほとんどだめとの話で薬もビタミン剤のみ

その後鳥専門の良いお医者様にあえて
お薬をもらえて今も生きてます。

薬を飲み続けているので、経済的に負担ですが
生きててほしいのでがんばってます

鶏は良くなつき、頭もよく、いろいろ覚えたり
理解していて、本当にかわいいです。

ブログ拝見できてうれしかったです。
風きりばね上げてる姿は
骨だけみたいな部分もそっくり。(^^)

お医者様の話だと、生きるギリギリラインを生きている
状態です。との話ですから、どのくらい一緒にいられるかわかりません。

なので、大切にしたいと思います。
私もブログ作って、残したくなりました。
できそうにないけど・・・
2013/12/22(日) 19:09 | URL | ぽこぽこ #DL7C8m6w[ 編集]
まだまだピヨちゃんとお別れした悲しい気持ちのなか、詳しいご告、ありがとう。種類は違うけど羽毛の色とか行動が、いっぱい似ていたピヨちゃんに、いつも我が家のお嬢様に重ね合わせてブログ読ませてもらっていました。

いつの日かブログ更新されるの楽しみにしていますね!

神頼み〜ブログも お邪魔させてもらいます!

さすがに関西地方も寒くなってきていると思います。
ためこさん、ご家族の皆さん!お身体ご自愛してくださいねね!
2013/12/22(日) 22:35 | URL | ウィニーの母 #iBeWFktw[ 編集]
No title
お辛い中、ピヨちゃんのことを教えて頂きありがとうございます。
まだまだ若いからこそ、できるだけのことをしてあげたい!
ご家族も獣医さんもみんなそんな気持ちだったのだと思います。
短い間でもたくさんの仲間、そして家族の一員として大切にされ、
最後にたくさんの羽を入れてもらい、今頃は虹の橋を飛び回ってることと思いますよ。
ぬくぬく毛布はいつもピヨちゃんが使ってた毛布でしょうか。
とても暖かそうです。ずっと寒波が来てたからぬくぬくでよかったね。
なっちゃんじーさんがいたらよろしくね。
2013/12/22(日) 22:58 | URL | みほ #-[ 編集]
No title
ピヨちゃん、本当に残念でした・・・。
鶏、特にメンドリさんって、ほんと突然具合悪くなって亡くなってしまうんですよね・・・
うちのもう一人の娘も昨年の今頃突然亡くなりました。
今酸素ハウスでがんばっている子の姉妹の一方です。
その子は庭の片隅に埋めてあげました・・・。

でも、短い期間だったかもしれないけどピヨちゃんは本当に幸せだったと思います。
「ヒヨコ釣り」から一転深窓の令嬢(?笑)となり、可愛がってもらえて伸び伸びと暮らして・・・
私はいつも、他の養鶏場の可愛そうなニワトリたちを考えてしまいます・・・
ためこさんも、ピヨちゃんを本当にかわいがって、できる限りの対処もされたと思いますので、心安らかに乗り越えていかれますように・・・
また機会があれば楽しいブログを再開してくださいね。
気長に待っています。(笑)
2013/12/22(日) 23:02 | URL | にこ #nMYPI6HY[ 編集]
No title
フルちゃんへ
ピヨちゃんは 天国でも 食っちゃ寝生活を送ってるだろうと思います(笑) 寒い時は 羽に顔を埋めてね ププ(´艸`o)゚.+:
お嬢さん 落ち着いて良かったですねぇ
肝臓も良くなってればいいね! そして
このまま 長生きしてくれる事を願います(・人・)
ピヨちゃんも天国から 応援してると思います(*´∀`)b 




矮鶏の母さんへ
卵を産んでくれるのは 食卓を潤してくれるので喜ばしい事なんだけど 鶏の体の事を考えると心配になりますよね(´Д`;)
動物病院って ほとんどが犬猫だし
後で思ったんだけど 獣医師会から病院を探せばよかったかな?と・・・ 
おせっかいになりますけど千葉県の獣医師会HP見て見ました 
見やすく 傷病野生鳥獣指定獣医師も 記載されてあったので URL貼っておきますね
http://www.cpvma.com/hospital/index.htm
傷病野生鳥獣指定獣医師 の病院なら鶏もきっと診てもらえるのでは? 
ピヨちゃんが最後にお世話になった病院も 傷病野生鳥獣指定獣医師の先生でしたよー(*´∀`)b




ぽこぽこさんへ
訪問ありがとうございます┌○ペコ
もう少し長く ピヨちゃんの姿をみんなに見てもらいたかったんですが 飛び去ってしまいました ┐(´∇`)┌
片足が無いんですか・・・
良いお医者さんと出会えて よかったですねー♪
たしかに 病院通いは 経済的には負担になるけど
やっぱり 家族なんだし 出来るだけの事はしてあげたいもんね わかるわかる!
少しでも長く 一緒にいれるといいですね♪

ブログ そんなに難しい事ではないので 是非記録としてでも お勧めします!
今も 過去のブログを読み直したりして 一人で(・∀・)ニヤニヤ  してます 私
ブログ運営者の回し者ではありませんけど(笑)




ウィニーの母さんへ
ご心配ありがとうございます 
意外と 悲しい気持と言うよりは 楽しかった思い出の方が多いので 子供がご飯を食べこぼしたりした時なんかは 
ピヨちゃんななら すぐに飛びついて 食べてただろうね~ なんて話しています(*´ー`)

神頼みブログ 虫画像など ありますが・・・
家族の愚痴など書いてます (´σー`)エヘヘ
ピヨブログと共に よろしくお願いします!




みほさんへ
きっと今頃 なっちゃんと一緒に遊んでると思います(o´艸`)
ピヨちゃんは おてんばだから なっちゃんが 困ってるかもねぇ ┐(´∇`)┌

あの毛布は 卵を産むところにひいてたんですが
卵を産み落としても 糞はしなかった毛布です
やっぱり 日々使ってたものを入れてあげたくてね(´σー`)エヘヘ




にこさんへ
雌鶏の宿命なんですかねぇ あっと言う間に逝っちゃいました
にこさんちの鶏さんも 酸素ハウス生活が続いてるようですけど 長生きして欲しいですね

ピヨちゃんは 運が良かったのよね?(笑)
先住の猫を押しのけて お姫様になったんだもんね~
本来なら 狭いゲージで卵を産むだけに育てられてたのかもしれないんだもんね(・ω・`o)
2013/12/24(火) 12:32 | URL | ためこ #-[ 編集]
ありがとうございます
そっか~、獣医師会から探せばよかったんだ!
鶏さんは、体調が悪いのに気が付いてから探していると大変ですもんね。ボスの前妻(菜っ葉ちゃん)には悪いことをしたと思っています。

ピヨちゃんは幸せだったと思います。
南無~
2013/12/24(火) 18:41 | URL | 矮鶏の母 #-[ 編集]
No title
矮鶏の母さんへ
少しでも役にたったなら 幸いです(´σー`)エヘヘ
事前に 鶏さんを診てもらえるかわかってれば心強いですしね(*´∀`)b
2013/12/26(木) 14:36 | URL | ためこ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ピヨちゃん

Author:ピヨちゃん
ひよこ釣りで釣られたピヨちゃん
日々の様子などを紹介してます
平成25年12月15日永眠

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。